区限刺しゅう

Counted Work Embroidery

区限刺しゅうとは・・・

刺しゅうは、針と糸があれば誰でもできる身近な手芸です。だからこそ長い歴史があり、世界各地に様々な表現手法がうまれました。あなたもきっとその表現力と奥深さに魅了されることでしょう。
区限刺しゅうとは、縦・横の糸が等間隔に織られた布を使い、織り糸の目数を拾いながら刺していく刺しゅうの総称です。クロスステッチのように多くの国でみられる刺しゅうもあれば、ハーダンガーワークやこぎん刺しゅうのように一地方でうまれ、育まれてきたものもあります。デザイン的には、シンプルなステッチをくり返すことで幾何学模様を形作ったり、地模様で布面全体やモチーフ全体を刺し埋めたりするところに、区限刺しゅうの特徴があります。
まず、基本を習得することによりきれいに刺しゅうできるようになります。上達のコツは楽しんで刺すことです。テキストとアプリを活用し、美しい作品をつくり上げる感動を味わってください。

カリキュラムの特徴

区限刺しゅうでは4ステップで本科から指導員まで段階を踏んで学習をしていただきます。通信講座では講師科まで学習することができます。指導員については対面式の講座を受講していただき、修了した方に資格を認定しています。初めて区限刺しゅうの学習をする方は、区限刺しゅう本科通信講座をまずお申し込みください。本科のレッスンがすべて修了しますと、区限刺しゅう高等科通信講座のお申し込みができるようになります。また、本科・高等科の場合、講座内全ての課題を提出し採点が完了された方は、卒業証書を申請できます。講師科は、全課程修了後にガイダンスをご受講いただき、本科・高等科の卒業証書をご取得いただいた上で、講師科認定証書を申請できます。証書の申請は任意ですが、学習の証しとして次のステップに進む前に申請されてはいかがでしょうか?

区限刺しゅう 本科通信講座

区限刺しゅう 本科通信講座では「クロスステッチⅠ」「キャンバスワークⅠ」「ブラックワークⅠ」「スウェーデン刺しゅう」4 つの作品をつくります。

クロスステッチⅠでは、糸をクロスさせて刺していくこのステッチの針の進め方の決まりと、決まりを組み合わせた応用の刺し方を学びます。キャンバスワークは、布目を数えて、いろいろなパターンに刺し埋めていく楽しい技法です。キャンバスワークⅠではカードケースに仕立てます。ブラックワークは黒一色で刺すキャンバスワークで、ステッチや糸の太さだけで濃淡をつける代表的な英国刺しゅうです。ブラックワークⅠでは基本的な針の進み方を学びます。スウェーデン刺しゅうは、織り目単位で布目をすくう、やさしい刺しゅうです。基礎ステッチを刺しながら、色の組み合わせやグラデーションの効果を学習します。

作品 1
クロスステッチⅠ

作品 2
キャンバスワークⅠ

作品 3
ブラックワークⅠ

作品 4
スウェーデン刺しゅう

区限刺しゅう
本科通信講座

2019年 開講予定

区限刺しゅう 高等科通信講座

区限刺しゅう 高等科通信講座では「アッシジ刺しゅう」「こぎん刺しゅう」「キャンバスワークⅡ」「ハーダンガーワーク」4 つの作品をつくります。

アッシジ刺しゅうは図案が明快で、クロスステッチと図案の輪郭を刺すステッチだけで構成されているのが特徴です。こぎん刺しゅうは、織り糸をすくって幾何学模様を刺していく、日本の民芸刺しゅうのひとつです。キャンバスワークは、布目を数えて、いろいろなパターンに刺し埋めていく楽しい技法です。キャンバスワークⅡでは 10 のステッチを新しく覚えます。ハーダンガーワークは、小さな四角のサテンステッチと四角にカットされた空間で幾何学的に構成された図案が特徴です。かわいいドイリーをつくります。

作品 5
アッシジ刺しゅう

作品 6
こぎん刺しゅう

作品 7
キャンバスワークⅡ

作品 8
ハーダンガーワーク

区限刺しゅう
高等科通信講座

区限刺しゅう本科修了生のみ

2019年 開講予定

区限刺しゅう 講師科通信講座

区限刺しゅう講師科通信講座では「オリエンタルステッチとミラーワーク」「キャンバスワークⅢ」「ブラックワークⅡ」「クロスステッチⅡ」4 つの作品をつくります。

オリエンタルステッチとミラーワークはインド、パキスタンや中近東の民族衣装に見られる技法です。キャンバスワークⅢではウール糸をハードキャンバスに刺します。ブラックワークⅡでは分岐点のあるホルベインステッチの刺し方を、クロスステッチⅡでは麻に 2×2 目で刺すクロスステッチを学びます。本科・高等科で習得した知識と技術に磨きをかけ、理解を深めます。

作品 9
オリエンタルステッチとミラーワーク

作品 10
キャンバスワークⅢ

作品 11
ブラックワークⅡ

作品 11
クロスステッチⅡ

区限刺しゅう
講師科通信講座

区限刺しゅう高等科修了生のみ

2019年 開講予定

受講に際する注意事項

通信講座に関わるテキスト、レジメなどの印刷物、動画などの教材を当協会に無断で複製・複写することは一切できません。
お申し込みいただいた通信講座を休学したり、他の講座へ受講講座を変更することはできません。
通信講座の受講料は予告なく変更することもございますので、あらかじめご了承ください。
未成年の方は、保護者・親権者の方の同意を得たうえでご注文お願いいたします。また、卒業証書や認定証を申請される際には保護者・親権者の同意書の提出が必要です。

受講期間について

受講期間はステッチ100本科6ヶ月、高等科・講師科各12ヶ月です。この期間内は通信講座専用アプリを自由に利用できます。受講期間内に学習を修了できるよう、計画的に学習を進めてください。期間内に学習が修了しない場合は、当協会までご相談ください。

教材のお届けについて

宅配便での配送となります。ご注文いただいてから10営業日で発送となります。(夏季休業・年末年始期間は3週間ほどお待ちいただく場合がございます) 土・日・祝日の発送は、お休みさせていただきます。お届けは、日本国内居住のお客様が対象となります。

返品・交換について

教材をお受け取りになりましたら、内容物をすぐにご確認ください。教材に乱丁・落丁、配送途中での破損・汚損があった場合は、送料を当協会負担で交換いたします。お客様のご都合による返品は、教材到着後8日以内にお願いします。その際の送料はお客様のご負担となり、受講料は手数料1000円を差し引いてご返金いたします。あらかじめご了承ください。

お支払について

お支払いはクレジットカード払いまたはデビッドカード払いのみになります。受講申込み後に立ち上がる決済フォームに必要事項を入力してください。
※デビットカードはVISAやMaster等のブランドマークが付いたものに限定されます。
※デビットカードの特性上、お客様の口座残高が不足している場合ご利用はできかねます。

その他の学べる手芸 ~教室に通って学ぶ~

{ 教室に通って学ぶ }

1969年の創立以来、多くの手芸指導者を育成してきたカリキュラムをご紹介します。これらのカリキュラムは全国各地で活動する認定指導者の教室で、学ぶことができます。通信講座で資格を取ったら、あなたも認定指導者としてぜひ活躍してください。